スマートフォンの普及でますます需要が高まる眼科医┃anxiety, stress, panic attacks

スマートフォンの普及でますます需要が高まる眼科医┃anxiety, stress, panic attacks

2017-12-12更新

当サイトについて

眼科医と言えば一時はレーシックのブームや白内障手術により、高額報酬がもらえる代名詞のようなものでした。
その一方で近年では、その人気にも少し陰りが見えてきているのでは?と囁かれていました。

しかし、昨今のスマートフォン&タブレットブームの到来により、その需要に再度拍車がかかっているような状況となっています。

そこで、当サイトでは再び人気が高まりつつある眼科医にフォーカシングし、様々な情報をお届けしてまいりたいと思います。

まず一番始めにご紹介しておきたいのは、そもそも眼科医の役割とはどういったものかという内容です。
眼科医師の求人を探している皆さんには、ぜひ一度ご確認いただければと思います。

眼科医の仕事内容と役割

今既に眼科医として働いている方にとってはあまり関係のない話かもしれませんが、まずは眼科医の仕事内容について少し触れてみたいと思います。
基本的な仕事内容をおおまかにお伝えすると患者さまの診察及び治療、というこの2点が基本的な仕事内容となっています。
その点で言えば、他の診療科に勤めている医師と特に大きな変わりがないことがわかります。

続いて、この2点についてもう少し掘り下げてお話を進めていきたいのですが、まずはキモとなる部分の診察についてです。
眼科に来られる患者様の多くは他の診療科目と違い緊急性がそれほど高くありません。
もちろん、中には事故等による緊急性を伴うものもあるのですが、それほど機会は多くはないでしょう。

また、治療に関してもちょっとした点眼薬の処方など、それほど大事ではない治療から、白内障や緑内障などの手術など、患者様の一生を左右するような手術も比較的日常的に行う事が多いでしょう。
しかし、よほどのことがなければ長時間に渡る手術を行う機会なども少ないため、他の診療科目と比較した場合にはかなり負担が少ないとされています。

ただ、眼科医の仕事内容は、勤めている場所によって大きく異なるという特質もあります。
例えば、手術可のクリニックで勤めている場合にはほとんど毎日を同じ手術で過ごすということになるでしょう。
特にレーシック治療を行っているクリニック等に通う場合には、ほぼ確実にそのような環境だと思ってもよいでしょう。

 ただ、そういった場所に勤める場合は報酬が非常に大きいという傾向もあり、働き先の選択に生活が左右されると言っても過言ではないのです。
仕事内容としてはあまり難しいことはないかもしれませんが、例え時間に融通が利きやすい眼科医であっても、クリニックによって忙殺されることもありますので、注意が必要です。

眼科の患者が急増している理由

今、眼科医の元に駆け込む方が急増しているのは皆さんご存知でしょうか。
今回は、何故今そのような現象が起きているのか、その背景と内容についてご紹介したいと思います。

スマートフォンの普及と高まる眼科医のニーズ

レーシック、白内障手術、この2つが特に眼科医としてメインの報酬に直結する仕事の代名詞として知られていましたが、今ではその状況が少し変わってきているようです。
その原因の一つとなるのが強いブルーライトを放つ電子機器の流行です。
具体的にはスマートフォンやタブレットなど、液晶を備えている携帯型端末と言い換えてもよいかもしれません。

昨今、ブルーライトはあまり目に良くないという話を聞く機会が増えてきているように思いますが、その実態の多くはほとんど知られていません。
しかし、こういった電子機器のユーザーにブルーライトカット加工を施した製品がよく売れているのです。

 これは、潜在的に”ブルーライトは危ない”という危機意識が一般の消費者層に浸透していっていることの現れとも言えるでしょう。
とりわけスマートフォンに貼るフィルムにはブルーライトカットできるものも多く、若年層から中高年まで、多くの方が警戒しだしていると言えます。

何故そのような状況が起きているのか、その要因となるのが眼科疾患の急増なのです。
昔と比べると、眼を悪くする方がかなり増えており、高齢者層だけではなく若年層に対してもその現象が増えています。
この状況を見れば、誰しもが電子機器の利用を疑うでしょう。

スマホ老眼と呼ばれる言葉も広まりつつあり、若い方の間ではカラコンによるトラブルも継続的に発生しています。
ここで話していることは昨今から続く様々な疾病の要因となるものであり、眼科医に対するニーズが急増する要因でもあります。

 こういったものを今では”現代病”と呼ぶわけですが、まさに眼科医は今新たな現代病に挑戦しているとも言えます。
手術をすることで治るものもあれば、非常に難しいものもあり、現代に流行るこの状況に対する、新たな手も求められていると言えるでしょう。

このような傾向は今に始まったことではありません、今後も引き続き継続すると見られています。
対応する診療機関も増加傾向にあり、そのニーズは更に高まるばかりですね。

眼科医の求人の探し方

さて、眼科医師の求人を探している皆さんは、日頃どういった方法で情報を収集しているのでしょうか。
医師同士のネットワークを利用する方もいれば、転職サイトを利用する方もいらっしゃると思います。

皆さんは医師として医療業界におけるスペシャリストではありますが、転職におけるスペシャリストではありません。
ということは、転職に関するスペシャリストを頼ればいいという結論が出せるのではないでしょうか。

そこで、ぜひ一度利用して頂きたいスペシャリスト「医師専門エージェント」について、少しご紹介をしておきたいと思います。

医師専門サイトとコンサルタントの存在

先ず始めにお伝えしておきたいのですが、インターネット上には数々の仕事を斡旋してくれるであろうサイトが存在しています。
多くの方はそういったサイトを利用されているのですが、医師の皆さんも比較的その傾向が強くなっているように感じられます。
その中でも特に最近成長が目覚ましいのが、医師転職サイトの存在です。

全ての企業がそうというわけではないのですが、医師を専門に扱うサイトでは、コンサルタントとなる人材を育成し、そのコンサルタントが転職に関するお手伝いをしてくれるという構図ができているのです。

 このコンサルタントですが、ただ仕事を斡旋してくれるわけではありません。
仕事を探す上で出て来る色々な問題に関するアドバイスもしてくださいますし、新たな仕事を求めている医師の皆さんにとって貴重な情報を与えてくれるアドバイザーとしても活用させて頂くことができるのです。

後悔しない転科をするために

仕事を探そうと思えば、求人情報だけではなく、医師に関する市場の動向も確認しておかなければいけません。
今自分がやっている仕事はどの程度の需要があるのか、どこになら売れるのか、自分を一人の人材として捉えなおし、売っていかなければならないのです。

その点、こういったコンサルタントがついてくれると非常に頼もしいものです。
自分自身が思っている以上に待遇のいい求人情報を独自のネットワークからピックアップしてくださったり、よいよい職場をみつけるための総合的な知恵を与えてくれる存在といっても過言ではありません。

実際、自分で一から仕事を探そうと思えば、膨大な情報量の中から適切な情報収集を行うことを余儀なくされます。
しかし、情報が氾濫している現代では、類似する情報が多く、その情報の真贋を見極める必要すらあるのです。
であれば、このような方を頼りながら、仕事を探すというのが、眼科医師にとっても賢明な判断となるのではないかと思います。

特に他の科目から転科を考えている医師の皆様にとっては、これまでの科の市場動向に関する知識はあっても、転科先に関する最新情報を集めるのは難しいところ。
後悔しない転科・転職をするためにもエージェントに一役買ってもらうのがオススメです。