スマートフォンの普及でますます需要が高まる眼科医┃anxiety, stress, panic attacks

スマートフォンの普及でますます需要が高まる眼科医┃anxiety, stress, panic attacks

眼科医の平均収入が知りたい

眼科医師の求人を探している皆さんにとって、とても気になるのがその収入の実態なのではないでしょうか。

とかく他の医師からみれば眼科医というのは比較的楽な仕事にみえるような傾向があり、実態としても確かにその通りではあるのですが、だからといって収入面で他の診療科目に劣っていては、折角の魅力も台無しになってしまいます。
そこで、今回は気になる眼科医の収入について、少しまとめてみましたのでご紹介していきたいと思います。

眼科医の収入は働き方によって大きく異なってくる

 まず冒頭の部分であらかじめお伝えしておきたいのですが、他の診療科目と比べて、眼科医の収入というのはその働き方によってかなり結果が違ってくるのです。
その際、まず一つの目安となるのが開業医か勤務医か、ということになりますので、そのあたりからお話をしていきましょう。

勤務医の場合

この場合は一般的な医師とそれほど大差はないと言えます。
具体的にはその年収が働く医療機関によって異なって来るのですが、例えば大学病院勤務となった場合には平均年収が700万円程度から、一般の病院勤務であれば1200万円から、といった感じです。
しかし、もう1点押さえておきたいのが、先ほども申し上げたように、働く場所によってその報酬に大きな差がでてくるのがこの眼科医の特徴であり、それは勤務医であっても変わりません。

前述の通り、一般的な病院勤務であればその平均年収は他の医師と大きく開かない様にみえますが、実態としては年収3000万円を超えている医師も決して少なくはないのです。

また、これは開業医の話ではありません。
クリニック等に勤めている眼科医師であれば、このような収入を得る可能性が実際にあるということです。
一つのポイントとなるのは、そこが自由診療による手術を行う場所かどうか、という所でしょう。

自由診療と言えば美容整形などもそうですが、自由診療を行うクリニックに勤めている医師は、破格の収入を得ている場合も決して少なくはないのです。
詳しくは後ほど医師の年収アップについての記事にてお知らせしたいと思いますが、眼科医の場合は勤務医であっても充分に稼ぐ事が可能であるという事実は押さえておいた方がよいでしょう。

開業医の場合

開業医の場合は、その他の診療科目と同様、その方の経営センス等々によって収入が異なってきます。
開業しても年収1000万円を超えない医師もいれば、3000万円から5000万円程度を稼ぐ医師も決して少なくありません。
その差となるのは圧倒的にビジネスセンスに寄る所と言えるでしょう。